オルニチン 肝臓 副作用

オルニチンって肝臓に副作用がある?

副作用

 

決められた量を守ればに副作用の心配はない!

 

オルニチンには肝臓の解毒作用をサポートするという働きがあり、特に副作用などの心配がありません。

 

肝臓には有害物質を解毒するという作用がありますが、
飲酒するとアルコールを分解する際にオルニチンがたくさん使われることになります。

 

オルニチンが不足すると解毒作用が低下してしまいますし、
アルコールの分解が上手くできなくなって二日酔いなどの症状が出てしまうので注意しましょう。

 

最近ではオルニチンが配合されたサプリメントがいろいろ登場していますが、商品によってオルニチンの配合量は異なっています。

 

オルニチンはたくさん摂取すれば効果がアップするわけではありませんし、1日に決められた量をきちんと守って飲むようにしましょう。

 

 

おススメの摂取タイミングは?

 

脂肪肝を予防したり肝臓の機能を回復するためには継続して摂取することが大切です。

 

サプリメントは薬ではなく健康食品なのですが、
配合されている成分によっては過剰摂取することで副作用のような症状が出てしまうこともあります。

 

ちなみに、吸収率を高めたいなら空腹時などに摂取するのが良く、
お酒を飲む時に肝臓の働きを高めたいならその前に摂取すると良いでしょう。

 

また、肝臓の解毒作用をサポートするためにはお酒を飲んだ後にも摂取することがポイントです。

 

ちなみに、1日の摂取量が決まっているオルニチンのサプリメントの場合、1日分を何度かに分けて飲むようにすると良いでしょう。

 

オルニチンサプリガイド!驚きの効果と人気ランキング!