オルニチン トリプトファン

オルニチンとトリプトファンの効果って?

効果の違い

 

オルニチンの最大の特徴は肝機能改善効果!

 

オルニチンとトリプトファンは睡眠障害やうつ病、さらには美容や健康などにもよいということで注目されている成分です。

 

この2つには様々な効果があるといわれていますが、それぞれ特徴が違いますので、
目的に応じて摂取するということが大事になってきます。

 

まず、オルニチンの効果としては、一番有名なのが肝機能改善効果です。

 

特にお酒を飲んだ後は、肝機能が弱くなってしまうことがあるので、摂取することが多いです。
肝臓はアルコールの分解を行っているので、お酒を飲みすぎると肝機能が衰えてしまいます。

 

そこで、オルニチンを含むサプリメントやドリンクを飲むと、二日酔いも防止してくれません。

 

また、オルニチンには成長ホルモンの生成をサポートするという効果が期待できますから、
筋肉の増強、骨の強化、細胞の活性化、ホルモンバランスの調整など幅広い分野に有効であるということが言えるでしょう。

 

 

次にトリプトファンの効果とは?

 

一方、トリプトファンの効果としては、睡眠障害、うつ病の改善などが挙げられます。

 

なぜ、睡眠障害やうつ病に効果があるのかというと、トリプトファンを摂取することによって、
セロトニンを増やすことができるからであると考えられます。

 

セロトニンは脳内の重要な神経伝達物質であり、幸福感やリラックスなどを司っています。

 

ですから、セロトニンが減少することによって生じるうつ病の改善に効果があるということになります。

 

他にも、活性酸素を除去してくれるという効果もあるので、アンチエイジングにも効果が期待されています。